クリニック通信 クリニック通信

『お散歩と呼吸リハビリ』

written by 医師 大成 亮次

情報誌「リビングひろしま 特別号 はじまり」2021年5月28日号に掲載されました。

 

『お散歩と呼吸リハビリ』

コロナ禍の中、安心して外出できないため、自宅に閉じこもりがちになっていませんか。

そんなときこそ、近所の公園などをお散歩してみましょう。

 

Q.お散歩に適したコースって?

A.歩きやすく、歩いていて気分の良いコースが最適です。

自宅からそう遠くなく、景色の良い場所が最適でしょう。

信号やアップダウンが少なく一定のペースで歩けると運動の効果も高まります。

 

Q.お散歩の頻度は?

A.お散歩を日々の習慣に。

健康のためには習慣化し、楽しみながら健康管理ができたらいいですね。

 

Q.楽に歩くコツがありますか。

A.正しい呼吸と姿勢を意識して。

すぐに息が切れる人は、正しい呼吸法と歩く姿勢に気を付けてください。

おなかの真ん中を膨らませるように、鼻から息を吸い、口を少しすぼめて長めに息を吐きながら

呼吸のリズムを整えて歩くといいでしょう。

また、背筋を伸ばして手をしっかり振って歩くことも大切です。

 

Q.呼吸リハビリでも教えてもらえますか。

A.理学療法士が指導します。

呼吸リハビリでは、運動や呼吸の方法を理学療法士と一緒に身に着けていきます。

お散歩は身近で手軽な運動なので、続けることで健やかな毎日につながります。

「息切れは年齢のせい」と諦めず、まずは一歩踏み出してみましょう。

何か気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

咳・いびき・息切れ 大成呼吸器クリニック

SHARE