クリニック通信 クリニック通信

『息切れを感じたら』~呼吸リハビリテーション~

written by 理学療法士 森脇 功太

 

私たちは普段、無意識のうちに呼吸を行っています。しかし、呼吸器の病気を抱えた人の中には、日常生活の軽い動作でも息苦しさを感じることがあります。

 

息切れは、タバコによる肺気腫(COPD)、肺の感染症、手術や抗がん剤など肺がんの治療を経験した方に、多く見られる症状です。特に日本では肺気腫(COPD)が増加しており、日本国内の患者数はおよそ530万人と推定されています。

 

運動に伴う息切れを、「年齢のせい」で片付けてはいけません。「坂道や階段で息が切れる」「息切れのため、他人と同じペースで歩けない」「息苦しくて動かないので体力が落ちた」「痰が出しづらくて息苦しい」などの症状を経験されたことはないでしょうか。長い期間喫煙をしていたり、肺の病気をしたことがある方は当てはまるかもしれません。

 

肺気腫(COPD)など慢性の肺の病気は、ゆっくりと進行していきます。そのため、気づかないうちに「息が切れるから動きたくない」と一日中家の中で過ごす生活になっていることがあります。動かない時間が増えると体力が落ちていき、さらに息切れが強くなり動かなくなるといった悪循環に陥ってしまいます。

 

「呼吸リハビリ」で、楽な呼吸を取り戻しましょう

 

実際の「呼吸リハビリ」では、症状や息切れが起こる状況を詳しく聞き取り、一人ひとりの病状に沿った個別メニューを作成し治療を行っていきます。

メニューの内容は「楽な呼吸の方法」「動作に合わせた呼吸の練習」「息切れを軽くする運動」「上手に痰を出す練習」などがあります。症状に合わせた「呼吸リハビリ」で、呼吸の悩みを一つずつ解決していきます。

 

週1~2回・1か月~2か月程度の「呼吸リハビリ」で、日常生活での息苦しさが徐々に解消されていきます。

呼吸が楽になることが実感できれば、活動的で生き生きとした毎日を過ごすことができるかもしれません。

呼吸リハビリは、痛みや苦しさを伴うものではないため、楽しみながら続けていくことができます。

 

何か気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 


大成呼吸器クリニック(呼吸リハビリテーション)広島市中区八丁堀

喘息や肺気腫(COPD)、咳、息切れ、いびきの治療をおこなっています。息苦しさを軽くする呼吸リハビリ、CTを用いた肺がんの診断、在宅酸素療法などの専門的な呼吸器診療が特徴です。


 

咳・いびき・息切れ 大成呼吸器クリニック

SHARE